分譲マンション管理分譲マンション管理|より心地よく便利に暮らしいただき、また、マンションの資産価値を維持していくため、日々、管理サービスの向上につとめています。

長期修繕計画コンサルタント

マンションの安全性や快適性を確保し、資産価値の維持・向上を図るため、長年培った経験と当社独自のシステムにより、長期的な視点に基づいた長期修繕計画案を提案いたします。

長期修繕計画の必要性

長期修繕計画の必要性マンションの資産価値を維持、向上するためには、適時適切な修繕工事を実施することが重要ですが、その際、資金が不足するなどの問題が起こらないよう、適切な長期修繕計画を作成し、それに基づいた修繕積立金を計画的に積み立てていくことが必要です。

長期修繕計画の見直しの重要性

物価や金利の変動、法律や税制の改正、あるいはライフスタイルの変化などにより、近年、修繕積立金の支出が増加傾向にあり、当初の計画から見直すことが必要となります。

当社コンサルティングの特長

国土交通省より示された「長期修繕計画作成ガイドライン」に沿って、適切な計画案をご提案。

5年程度ごとに長期修繕計画を見直し、ご提案。

鉄部塗装工事、外壁等大規模修繕工事等、大規模な工事の際に計画を見直し、ご提案。

各種配管類の材質等に合わせた劣化診断を長期修繕計画に盛り込み実施。
また、その診断結果に基づき、計画の見直しを実施し、ご提案。

維持修繕費用を低減する機械式駐車場の平面化や、
給水方式の変更、照明器具のLED化による省エネ化など、修繕積立金の支出を抑える工事をご提案。

長期修繕計画の見直しプロセス

現在有効な長期修繕計画、これまでの修繕履歴、現状、劣化診断、法改正等を確認、把握し、今後25年間(およそ12年周期で計画されている外壁等大規模工事が2回含まれる期間)の計画を、当社に蓄積された経験や実績、公表されている資料、そして当社オリジナルのシステムにより、資金計画シミュレーションとともに見直した計画をご提案します。

資金計画シミュレーションの一例

資金計画シミュレーションの一例

大規模修繕工事、各種改修工事についてはこちら

会社情報
会社情報

お知らせ・イベント情報
お知らせ・イベント情報

採用情報
採用情報

お問い合わせ
お問い合わせ